リクナビネクストの扉

私には小さな息子がいるのですが、
彼が最近、「大きくなったら○○になりたい」
ということを良く言います。

昨日は電車の運転手さんだったと思えば、
今日はサッカー選手と言い、またその一時間後には
幼稚園の先生になりたいと、結局良く分かりません(笑)

私も大昔、息子と同じ年齢の頃はいくつもいくつも夢があり、
成長するに従いその夢の数が減り、気づいたら夢が消えていて、
現実の中で生きて今日に至ります。

先日、いつものように居酒屋で一杯やっているときに、
ふと思ったのですよ。今からでも転職できるのかと。
沢山の夢を持つ息子を見ていたら、夢のない父親でいていいのかと。

初めてリクナビネクストを開き、仕事を探してみました。
年齢、勤務地、勤務時間など等、いくつも条件を入れるのですが、
最終的にヒットしたのは何とゼロ。

それはそうですね、年齢も年齢ですし。

それにしても、リクナビネクストの総求人数たるや
凄い数なのですね、驚きました。
それなのに最終的にはヒットゼロなんて。
ということは、多くの企業が同じような条件を
求めているということですね。世知辛い世の中です。

リクナビネクスト、また機会があれば覗きたいと思います。

私の夢は転職することではなく、息子が誇れる父親であることなので。