手に取ったタウンワークで

先日のこと。
いつも通りの日常の中での出来事。
いつも通り仕事が終わり、いつも通り飲みに行った帰りのこと。
その日はやけに駅が空いていて、
電車もちょうど始発が待っていた。

いつも立ったまま乗る40分。
その日は座れると思ったら、なんとなく読書がしたくなり。
かといって、本を持ち歩いているわけではなく。
お酒も入り、真面目に読書なんてできるわけでもなく。

たまたまそこにあった、タウンワークを手に取った。

初めて手にしたタウンワーク。

タウンワークとは、仕事探しの為に使う本なので
今の私にとってはひとまず無縁であるが、
暇潰しにはちょうどよい本であった。

まったく目的などなく、パラパラとめくり始めると
意外と居酒屋の求人が多いことに気が付いた。
そして、居酒屋求人と一言でいっても、
お店ごとに求人内容やキャッチコピーは
お店ごとにバラバラ。個性が溢れています。

その中で、なんとなく私の目を引いたひとつの求人。

いつもの帰り道にある一軒の居酒屋。

いつもは素通りするお店だが、広告に記されていた
オーナーのコメントにKOされてしまった。

「一緒に生きよう」

未来の従業員に向けてそのような気持ちでいる
オーナーに会いたくなった。

近々、行ってみるつもりだ。

タウンワーク、意外と面白い。